ジュニアパートナー弁護士片倉 秀次
KATAKURA Shuji

経歴

石川県生まれ 石川県立金沢泉丘高校、慶應義塾大学法学部法律学科、慶應義塾大学法科大学院卒、弁護士登録 (東京弁護士会)。平成23年1月弊事務所入所。

役職等

  • 東京弁護士会 弁護士紹介センター事業者等紹介 労働法部門紹介候補者
  • 東京都事業引継ぎ支援センター 登録専門家

著作

  • 「企業不祥事・不正問題への対応」(労務事情 2018年4月1日号)
  • 「内部通報にかかわる実務対応~内部通報制度の整備・運用に関するガイドラインの改正を踏まえて~」(労務事情 2017年7月1日号)
  • 「職場におけるハラスメントを巡る最近の傾向と法的留意点」(労務事情別冊 賃金・労働条件総覧~労働条件編~ 2017年3月19日号)
  • 「〈Q&A〉緊急・災害時の労働法」(労務事情 2016年11月15日号)
  • 「〈Q&A〉ストレスチェック実施後のトラブル対応」(労務事情 2016年6月15日号)
  • 『Q&A ストレスチェック実施ガイド 職場のメンタルヘルス対策への活用と留意点』(共著、清文社、2015年9月)
  • 「ストレスチェックを実施する際の労務管理上の留意点」(労務事情 2015年6月15日号)
  • 「人事労務にかかわる文書管理の実務」(労務事情 2015年4月1日号)
  • 「危機管理の視点から考える 従業員のSNS利用」(労務事情 2014年12月15日号)
  • 「特集 安全配慮義務の視点から見た「ストレスチェック」コンプライアンス徹底のツールとして、積極的な活用を」(ティーペックメンタルヘルスニュース31号 2014年10月15日号)
  • 「従業員のインサイダー取引にかかわる留意点」(労務事情 2014年5月15日号)
  • 「特集 男女雇用機会均等法施行規則等が改正」(ティーペックメンタルヘルスニュース29号 2014年4月15日号)
  • 「取締役・兼務取締役に関わるトラブル対応Q&A」(労務事情 2013年12月15日号)
  • 「労使による企業内苦情処理システムの役割と実務ポイント」(労務事情 2013年2月15日号)
  • 「公益通報者保護法と人事労務Q&A」(労務事情 2012年3月1日号)
  • 「節電対策と職場の安全衛生Q&A」(労務事情 2011年7月15日号)

講演

  • 「最新判例・事例から学ぶハラスメントの対処法~セクハラ・マタハラ等編~」(2016年5月30日、東京都労働相談情報センター)
  • 「最新判例・事例から学ぶハラスメントの対処法~パワハラ・職場のいじめ編~」(2016年5月24日、東京都労働相談情報センター)
  • 「ストレスチェック制度と企業の安全配慮義務~実施に伴う事業者リスクと実施後の人事労務管理リスクの留意点とは?~」(2015年8月24日、T-PEC株式会社(場所:JR静岡駅ビル))
  • 「ストレスチェック制度と安全配慮義務/会社における情報管理」(2015年4月27日、T-PEC株式会社大阪支店)
  • 「ストレスチェック制度と安全配慮義務/会社における情報管理」(2015年4月21日、T-PEC株式会社)
  • 「パワーハラスメントに関するリスクマネジメントセミナー」(2015年3月20日、株式会社アルファシステムズ)
  • 「セクシャルハラスメント関するリスクマネジメントセミナー」(2015年2月20日、株式会社アルファシステムズ)
  • 「経営者が注意すべきコンプライアンス上、労働法上の問題点」(2014年10月7日、経営支援セミナー(場所:日興コーディアル証券札幌))